格安航空会社LCCを上手に利用する方法

日本国内にも格安航空会社(LCC)が複数社参入した事によって、日本国内、日本国外に従来よりも安く移動する事が可能になりました。格安航空会社(LCC)は、従来型の航空会社に比べて費用を極限まで削減しているので、様々な制約が付いてきます。その制約の中で、格安航空会社(LCC)を上手に利用する方法を紹介します。

価格をホームページでチェック

格安航空会社の多くは、自社のホームページ上でチケットを予約するシステムになっています。ホームページに提示される価格は、需給を反映して大きく変動するようになっています。予約があまり先だと高くて、直前になると大幅割引という事もあるので、ホームページ上で価格の変動を確認したり、他社の同じ路線と価格を比較しながら購入するのが良いでしょう。
 
荷物は少なめにする
 
格安航空会社では、荷物が多いと超過料金を取られる仕組みになっています。多くの航空会社では、機内持ち込み出来る荷物に関しては無料ですが、預ける荷物に関しては有料になっています。格安航空会社を利用する時には、最初から手荷物程度まで荷物を少なくして、超過料金を取られないようにしておく方が良いでしょう。
 
短距離に利用する
 
格安航空会社は、座席が一般的に使われてきた航空機のエコノミークラスより狭いので、長距離の飛行をすると疲れてしまいます。国内線の利用など、出来るだけ短時間のフライトに利用するのが良いでしょう。目安としては、3時間以内に収まるフライトにおける利用であれば、それほど疲れが残らないと思います。
 
ご飯は事前に食べておく
 
格安航空会社では、食事、飲み物などが全て有料になっています。ご飯を事前に食べておける時間帯にフライトを予約しておく事で、フライト中にお腹がすいて高いお金を使う事がなくなります。フライト前に食事を取れる時間帯にフライトを予約しておいて、お腹がふくれた状態でフライトに挑むのが良いでしょう。
 
機内に飲料を持ち込む(国内線)
 
国内線では、機内に水・お茶の飲料を持ち込む事が出来るようになっています。機内に飲料を持ち込む事で、機内で飲料を購入する必要がなくなります。狭い座席に長時間座っていると、血流が悪くなってエコノミー症候群などになる可能性があるので、血流を良くする為にも飲料を飲みながら過ごしましょう。なお、国際線での飲料持込は不可能なので、フライト中に購入する必要があります。
 
空港でラウンジを利用する
 
格安航空機が利用する空港では、格安航空機の専用ターミナルが設置されている空港と、一般の航空機と同じターミナルを空港があります。一般の航空機と同じターミナルを利用する場合には、ラウンジなどを使って事前にくつろいでおく事で、フライトがそれほど苦痛に感じなくて済みます。楽天プレミアムカードに付帯するプライオリティパスなどを有効活用して、国内外の空港ラウンジを無料で利用するのも良い方法です。
 
おわりに
 
格安航空会社が日本国内にも就航した事で、国内の移動手段は更に多様化してきました。格安航空会社は、一般の航空会社よりも低価格で利用できるので、特に1人で移動する時などには最適です。格安航空会社を上手に利用して、旅行やビジネスを低価格で楽しんでみるのはいかがでしょう。